カテゴリー「関連情報」の2件の記事

【YOMIURI ONLINE】米コロンビア大でイラン大統領講演、賛否巻き起こす

【ニューヨーク=佐々木良寿】国連総会出席のためニューヨーク入りしているイランのアフマディネジャド大統領は24日、ニューヨーク市内のコロンビア大で講演した。


名門大による同大統領招請は激しい議論を巻き起こし、大学正門前ではユダヤ系学生団体が大規模な抗議集会を開いた。

ボリンジャー学長は講演会の冒頭、「大統領は、狭量な独裁者のあらゆる兆候を見せている」と、厳しい表現で大統領を紹介。人権侵害の現状やホロコースト(ユダヤ人大虐殺)否定、イスラエル抹消発言、核開発問題など6項目に関して考えをただした。

大統領は「中傷で迎えられたことは心外だ」と不快感を示したうえで、核問題について、「二、三の自己中心的な大国が、国際原子力機関(IAEA)加盟国に認められている核の平和利用の権利を奪おうとしている」と暗に米国などを批判した。また、同性愛者への弾圧についての質問に対し、大統領は「イランには、そうした人たちはいない」と述べて失笑を買った。

同大統領招請をめぐっては、「アフマディネジャドを賓客として迎えることは全ニューヨーク市民に対する侮辱だ」(クリスティン・クイン市評議会議長)などと強い批判を引き起こしたが、ボリンジャー学長は、「世界の現実を理解しようとすれば、時には唾棄(だき)すべき言説にふれることも避けられない」などと理解を求めていた。

(2007年9月25日22時0分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070925id26.htmより。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

映画『オフサイド・ガールズ』のお知らせ

Trivia_p1_5


======
女の子だって、スタジアムで観戦したい!—

イランで、サッカーは国民的なスポーツ。男性のみならず女性もみんなサッカーが大好き。けれど、女性がスタジアムで男性のスポーツを観戦することは法律で禁止されている。女性は専用のスタジアムで、女子サッカーしか観戦ができないのだ。

そんな中でも、イラン代表の2006年ドイツワールドカップ出場を掛けた大事な一戦が、首都テヘランで行われるとなれば、いくら女だからといってテレビの前でじっとしてなんかいられない! 

少女たちが考えた策—それは、“男装”だった!

「生で試合を見るには、男のフリをしてスタジアムに潜り込むしかない!!」

ルールに逆らって進入禁止のスタジアムに踏み込んだ”オフサイド “な少女たち”の奮闘が始まる—!(『オフサイド・ガールズ』公式サイトより)
=====

イランのジャファル・パナヒ監督最新作! 9月1日より、日比谷シャンテ・シネをはじめ、順次全国ロードショー。

過去のイラン映画とは一線を画す、「中学生でも楽しめるようなエンターテインメント」「イランの女性問題をユーモラスに描いた作品」。キャストは全員アマチュアを起用、実際のスタジアムでロケ敢行。10分に1度はハプニングが起こる、ハラハラドキドキの90分。

公式サイトには、監督がこの作品を実際の出来事から企画化したというエピソードや、イランについてのトリビア情報が満載です。

*今日、新聞を見てハッと目を奪われました。週末は日比谷へGo!(ミヤマ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)