« Flowers for Pegah キャンペーン | トップページ | 【ミヤマ】ペガー・ケースは「同性愛問題」である(1) »

東京、パリ、ローマ。

少し前の話になりますが、報告させてください。

8月27日に、私たちはこのブログで呼びかけて集まった賛同人と共に、イギリス大使館にぺガーさんの難民申請認定の要請書を提出しました。その夜、私たちが眠りについた頃、イタリアのローマとフランスのパリでも同様なアクションが行われました。

時差もあり、言葉も違い、やり方も違うアクションですが、ぺガーさんへの気持ちは同じです。ぺガーさんのニュースがこうして世界にリアルタイムで流れ、同じ日に抗議活動をしているのも、インターネットのおかげでしょうか。

イタリアの大使館前でのアクションの様子はこちらに写真があります。

http://pega-must-stay.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/3_a772.html

フランスのピンク・パンサーという団体が行った、「DIE-IN」の模様はこちらです。

Parisdiein1

Parisdiein2

|

« Flowers for Pegah キャンペーン | トップページ | 【ミヤマ】ペガー・ケースは「同性愛問題」である(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453404/7823450

この記事へのトラックバック一覧です: 東京、パリ、ローマ。:

« Flowers for Pegah キャンペーン | トップページ | 【ミヤマ】ペガー・ケースは「同性愛問題」である(1) »