« ネット署名の日本語訳 | トップページ | オンライン署名7777人突破! »

最新状況(必ず読んでください)

ご協力をお願いします。

1.英国内務省に対するファックス、Eメールの送付を一旦停止してください。

2.ネット署名、ペガーさんのことを一人でも多くの方にお伝えください。

ネット署名→http://www.petitiononline.com/pegah/petition.html(英語)

ネット署名サイトの邦訳→http://pega-must-stay.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_7c4d.html

***

イギリス時間の8月28日午後9時、ペガーさんの支援団体Friends of Pegahのスタッフからメールで連絡が入りました。その後電話で直接話したことも含め、以下にメッセージをお伝えします。さらなる情報が入り次第、ブログにすぐアップしますので、ちょこちょこのぞきに来てください。

スタッフの方のコメント

「本日、シェフィールドの国会議員リチャード・カーボーン氏と支援団体の話し合いがあり、カーボーン氏がそれを受け、入国管理局に対し、ペガーさんのケースについての再考を正式に求めました。また、ペガーさんの弁護団も入国管理局に難民申請再審査の申し入れをしました。政治的なルートでも、法の手続きでも、できることはすべてしました。今はこの申し入れの結果を待っています。数日中に何らかの動きがあると見られています。

そこで、この状況を踏まえ、英国内務省に対するファックス、Eメールの送付を一旦停止するようお願いしたいと思います。皆さんの声は確実に英国内務省に届き、決定に影響をあたえるものになると思います。これまでの皆さんの迅速な行動、温かい支援に心より感謝しています。

しかしながら、オンライン署名、ペガーさんの件に関する情報を広めるアクションについては、引き続きご協力をお願いします。

また、今後入国管理局の決定によっては、ふたたび皆さんの緊急アクションが必要となる可能性もあります。そのときはすぐに告知しますので、連絡を待っていてください。それぞれの国でのキャンペーンサイトなどをこまめににチェックしていてください。

重ね重ね申しますが、今回の皆さんのご支援には本当に感謝しています。本当にありがとうございます。

ペガーさんのケースは氷山の一角です。世界には、セクシュアルマイノリティを理由に迫害を受け、国によっては投獄、死刑に処せられる人たちが数多くいます。ペガーさんのようにニュースになることなく、私たちの知らないところで、セクシュアリティやジェンダーを理由に暴力を受けている人たち、殺されてゆく人たち、亡命申請を認められず本国に強制送還されている人たちが今も世界のそこここにいます。

セクシュアリティや人種・文化の違いにかかわらず、すべての人が社会の一員として、迫害を受け国を追われることなく、暴力や差別に苦しむことなく幸せに暮らせる社会となるまで、私たちのアクションは世界中で続きます。一人一人にできることはたくさんあります。そして、そんな個人がつながることで変えられることがあります。

今回のアクションで、世界中にこころざしを同じくする人たちがいることがわかりました。今後ともご協力よろしくお願いします。皆でやればできるのです」

|

« ネット署名の日本語訳 | トップページ | オンライン署名7777人突破! »

ご協力のお願い」カテゴリの記事

現在の状況」カテゴリの記事

コメント

お疲れさまです。
とりあえず28日夜の送還はなかったことに、ホッとしています。しかし予断は許しませんね。
引き続き情報に注視しています。
予想外の長期戦になりましたが、お体にはお気をつけて。

投稿: りょうた | 2007年8月29日 (水) 08時49分

はじめまして、さっそくですが、ペガーさん強制送還8月28日以降の情報源として貴ブログのリンクを貼らせていただきましたので、よろしくおねがいします。良い情報が入るよう祈っております。

投稿: bluecat | 2007年8月29日 (水) 13時05分

ずっと拝見しています。たくさんの情報を開示してくださって、本当にありがとうございます。

私もmixiの方で、何度が貴ブログのリンクを貼らせていただいています。断りもなしに申し訳ありません。

皆さんの計り知れない尽力のおかげで、mixiでも多くの人が賛同してくださっているので、今後のリンクの許可をいただければ幸いです。

事態がつねに良い方向へと向かうと強く信じています。

投稿: aya | 2007年8月29日 (水) 13時48分

今回の事件でしらべてたら、とんでもないものみつけてしまいました。
トランスの方は転換でなく、再生だそうですが・・。
 以下問題部分
「結婚や家庭の必要を認めず社会の単位は個人であるというものは、人間は人間であり 、男とか女、父とか母などにこだわってはならないという。男と女といっただけで 差別だとさわぎたてるものもいる。だが、性の違いを無視して男が女のように女が男 のように生きるのは、その可能性はともかく、果たして望ましいものだろうか。性転換のすえ女性の仲間入りをする男は欠陥品にすぎない。同様に男になりたい女も本質的には持っていない機能を要求され、自己のエッセンスを切りすてることになる。」
http://www2.dokidoki.ne.jp/racket/nyumonjosei_03.html

投稿: | 2007年8月29日 (水) 18時57分

こちらのブログを読んでも署名に勇気が要る方いますか?
自分とは違うセクシュアリティについて理解を無理にしようとするのではなく,迫害や偏見、差別という視点を大切に、ぜひ署名活動を広めましょう。

私は今回の件を聞き、初めてこういった迫害のひとつを知りました。日本でもかつてペガさんと同じような女性を一度受け入れた後に強制帰国をさせた(けれど他国がその後受け入れたと)事もあるという事で
一人一人の意識がそういう事とつながっている事もあると思うのですが。。
日本ではゲイの方などだいぶ市民権を得てきていて、人気者の方も多いですよね、そのようにもしも身の周りで自分と違うセクシュアリティの人がいても、人として仲良くできる人がいるならば
ぜひ署名だけでもしませんか、と言いたくて。
私は直接の知り合いにゲイの方やレズビアンの方も知らないし、自分もそうではないですが、人の人権が酷くないがしろにされているなら、小さな事だけど署名したいと思います。
このブログでは、おそらく少ない人数で運動されていると思われますが、皆様に敬意を表したいです。またきます。

投稿: 小池 | 2007年8月29日 (水) 19時12分

 広瀬 様

 私がこの事件を取り上げて頂けないかという事を依頼したテレビ局、番組当等覚えている限り(かなり多めに送ったので記憶しきれていない;)のプレリリースを先程、メールしておきました。

 取り上げてくれるメディアが増えるとよいのですが、、、

投稿: luna | 2007年8月30日 (木) 04時43分

遅くなりましたが、本件についての記事を書くことを決め、さきほど投稿いたしました。
微力ではありますが、少しでも多くの方に知っていただき、ペガーさんの件がよい判例となって後続の道標となることを心よりお祈り申し上げます。

投稿: K3VOY | 2007年9月 3日 (月) 02時42分

I had got a desire to begin my own commerce, however I didn't have enough amount of cash to do it. Thank God my close dude advised to take the loan. Thus I took the student loan and realized my dream.

投稿: Glover27Shauna | 2012年6月28日 (木) 17時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453404/7720368

この記事へのトラックバック一覧です: 最新状況(必ず読んでください):

» [ゲイ]在英イラン人レズビアン、ペガー・エマームバフシュ強制送還問題のその後 [に し へ ゆ く 〜Orientation to Occident]
支援サイトペガーさん強制送還反対から、現地時間28日午後9時(日本時間29日午前5時)の最新情報を引用します(リンク先に飛んで全文を必ず読んで下さい)。 要点は以下の通り: 入国管理局に強制送還再考・難民申請再審査の申し入れを行ったが、当局からの返答はまだ出てない... [続きを読む]

受信: 2007年8月29日 (水) 08時43分

» 人を好きになるのは罪ですか?。 [ちらしのうらVista。]
ペガーさん強制送還反対 たまたま同性を好きになってしまっただけで、人の命が奪われようとしている。 宗教の問題、国政の問題でもあり、外部からの働きかけはともすれば内政干渉とみなされるかもしれない。しかし、彼女は人を殺したわけでも、傷つけたわけでも、大事なものを奪ったわけでもない。 ただ、愛しただけなのだ。 リンク先を読んでいただければわかるのだが、彼女のパートナーはイスラム法に基づき、「石打ち刑」を受けて既にこの世にはいない。彼女もまた、愛しただけなのに命を奪われてしまった。 ... [続きを読む]

受信: 2007年8月31日 (金) 00時37分

» ネット署名のお願い・・・ペガーさん強制送還反対について [パパになるってどうよ?]
当面の危機は回避されたそうですが、今後のためにも皆さん知っていただきたい事実があります。 以下、[http://pega-must-stay.cocolog-nifty.com/blog/ ペガーさん強制送還反対]の日本サイトを引用いたします。 {{{:ペガー・エマンバシュクさん、イラン人女性、40歳。 2005年にイランを脱出し、イギリス..... [続きを読む]

受信: 2007年9月 3日 (月) 02時36分

« ネット署名の日本語訳 | トップページ | オンライン署名7777人突破! »