トップページ | このニュースを知らせるツール »

イラン人レズビアン、ペガーのイランへの強制送還に反対します。

みなさま、こんにちは。

イギリス在住の友人が送ってくれた以下の事件に驚き、日本にいるわたしにできることはなんだろうかと考えて、急ごしらえではありますが、このブログを立ち上げました。

事件の概要を簡単にお知らせします。

イラン人レズビアンのペガー・エマンバクシュさんは、イランでの迫害を逃れてイギリスへやってきましたが、難民申請が認められませんでした。ぺガーさんは、現在、イギリス入国管理局に収容されており、本国へ強制送還されそうになっています。

イランの刑法では、同性愛が厳罰に処せられるよう定められています。強制送還が決行されたら、ペガーさんは確実に死罪となります。

イギリス、イタリアをはじめ、ペガーさんの強制送還に反対する署名活動が行われています。

日本からもできるだけ多くの抗議ファックス、メール、署名をおくることによって、強制送還を阻止することができるかもしれないので、 たくさんのかたがたにこのブログを読んでいただきたいと思います。

引用・転載どこまでも大歓迎です。

事件の詳細はコチラをお読みくださいませ。先述の友人が日本語に訳してくれました。
http://www.indymedia.org.uk/en/2007/08/379484.html

ーー以下訳文ーーー
379485

イスラム刑法からの引用
「127条から134条まではレズビアンの性的関係について言及するものである。レズビアン同士の性交への罰則はむち打ち100回、また3回以上繰り返された場合は死刑である」
英国内務省, イランに関するガイダンス資料, 2007年2月27日
http://www.ind.homeoffice.gov.uk/documents/countryspecificasylumpolicyogns/iranogn?view=Binary

イラン人女性ペガー・エマンバクシュさんは、2005年にイギリスで難民認定の申請をしましたが、申請は認められませんでした。今月シェフィールドで逮捕され、現在入国管理局の収容所におり、8月28日午後9時35分発の英国航空BA6633便で、イランに強制送還されることになっています。

もし、イランに強制送還された場合、投獄され、石打ちにより処刑される危機に直面します。イランでは彼女のセクシュアリティ(同性と性的関係を持ったこと)が罪に問われるのです。

ペガーさんはパートナーの女性が逮捕され、拷問を受け、石打ちによる死刑に処せられてから、イランを脱出しイギリスで難民申請を行いました。当時、彼女の父親も逮捕され、彼女の居場所について尋問されました。彼自身も拷問を受けましたが、その後解放されました。

ペガーさんがもしイランに戻ったら、迫害を受ける恐れが十分すぎるほど考えられます。 彼女は、イランでは周知の通り厳しく迫害されている特定の集団(ゲイ、レズビアン)に属しているからです。

イランの人権活動家によると、1979年にホメイニ師が政権を掌握して以来、多くのレズビアンやゲイが処刑されてきました。イギリスの同性愛者人権団体Outrageは次のように述べています。

「イラン・イスラーム共和国は地球上でもっともホモフォビックな国と言っても過言ではない。LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)の人々への拷問と処刑は政府主導で行われ、宗教により支持されている。これは国際的に批准されている国際人権規約への重大な挑戦である」

ペガーさんの難民申請が却下された2005年の秋と比べて、新しい大統領とともにイランはさらに保守化しています。2006年、ドイツの裁判所では、セクシュアリティを理由に死刑に処される恐れがあるため、イラン人のレズビアンは強制送還されるべきではないとの判決が下されました。

イギリス政府はイランで同性愛者が置かれている厳しい現状を十分承知しているにもかかわらず、入国管理局はペガーさんがイランに戻った場合に危険にさらされることを信じないというスタンスを取っています。

イギリス外務省のキム・ハウェルズ氏は、リンダ・マクアヴァン欧州議会議員への別件についての手紙のなかで、「イランの人々の基本的人権の保障はひどい状況で、事態はますます悪くなっている」と認めており、イランで死刑執行、公開処刑、石打ちによる死刑などが増加していることに懸念を示しています。ハウェルズ氏は同じ手紙で、イギリス外務省の死刑に関するポリシーは明確であり、すべての死刑に反対するものである、と書いています。

ペガーさんはもともとカムアウトしているレズビアンですが、ペルシア語、ファルシ語への翻訳を含むインターネット・キャンぺーンで取り上げられ、今や国際的に名を知られるようになりました。彼女のストーリーはイラン政府が支持する主要な国内ニュースサイトでも取り上げられています。

メンタルヘルス的に深刻な問題を抱えながらも、ペガーさんはシェフィールドの地域コミュニティの一員として、北部難民センターでボランティアとして働くなど、積極的に活動してきました。コミュニティ内で彼女は尊敬されており、彼女を知る人たちはイランに戻ったときの迫害の深刻さを理解しています。

ペガーさんの担当医師は、もし彼女が強制送還されることになったら、「致命的な精神的ダメージを受け、精神の破綻はまぬがれないだろう」と警告しています。今こそ彼女の強制送還を止めさせるために、ともに行動してください。

ペガーさん居住域の国会議員リチャード・カーボーン氏の要請により、先週予定されていた強制送還は来週火曜日(8月28日)に延期されました。今、彼女に新しく就いた弁護士は新たな証拠を示し、専門家の意見とともに新たな難民申請の準備をしています。ペガーさんと弁護士が申請準備をするために、再び強制送還の延期が必要です。

イギリス入国管理局は、ペガーさんを強制送還すれば、重大な不正義、深刻な人権侵害を犯すことになります。今こそ自らのガイダンスに沿って行動するよう強く求めます。

「個人の申請者がイランへの帰国に際し、同性愛行為により刑罰を受け、迫害されるという恐れがあるのならば、(迫害を受けている)特定のグループに属する者として、難民のステータスを与えられるべきである」
英国内務省、イランに関するガイダンス資料、2007年2月27日
http://www.ind.homeoffice.gov.uk/documents/countryspecificasylumpolicyogns/iranogn?view=Binary

【わたしたちが今できること】
ペガーさんの強制送還は来週の火曜日に予定され、時間が迫っています。なるべく多くの人に情報を伝え、また、ぎりぎりまでアクションを続けてください。

1.オンライン署名に参加してください。

下記のアドレスからオンライン署名をすることができます。署名文(英語)の内容はペガーさんの強制送還の中止を求めるものです。
http://www.petitiononline.com/pegah/petition.html

2.イギリス内務大臣ジャッキー・スミスに強制送還を中止するようFAXまたはEメールを送ってください。

FAXの方が効果的ですが、それが難しい場合はEメールを送ってください。
下記のモデルレターに自分の名前と住所を付け加えて使ってもよいですが、自分でレターを作成する場合はペガーのケース番号「Home Office reference number: B1191057」を必ず書くようにしてください。

Fax: Home Secretary's General Office
020 7035 3262  
+44 20 7035 3262(イギリス国外からの場合)

E-mail: smithjj@parliament.uk
homesecretary.submissions@homeoffice.gsi.gov.uk

※ファックスを送った場合は、誰がどこにファックスを送ったかこのメルアドにお知らせして欲しいです。
Contact : pegahletters@mac.com

<モデルレターの大意>
モデルレターの内容は、上記の文章とほぼ同じものに、

I would respectfully request that you release Pegah from detention and return her to her Sheffield community and reconsider Pegah’s case on Compassionate grounds and if so minded grant Pegah leave to remain.

「ペガーさんを収容所から解放し、彼女の住んでいたシェフィールドに戻れるようにすることを強く求めます。また、ペガーさんの難民申請のケースを慈悲の観点から再考し、英国での滞在権を与えるよう要請します」

という文面を付け加えたものです。

|

トップページ | このニュースを知らせるツール »

事件の経緯」カテゴリの記事

コメント

レズビアンだから強制送還されるのなら抗議の余地もあるけど、不法滞在で強制送還されるわけだからしかたないっていうこともあるでしょう。

投稿: | 2007年8月25日 (土) 11時04分

申し訳ありませんが取り急ぎ問い合わせしたいことがありましてコメントさせていただきます。
今回、署名とイギリス内務大臣ジャッキー・スミスに強制送還を中止するようFAXまたはEメールを送りたいのですが、ネットのことに不得手なもので、ニ・三尋ねたいことがあります。
署名の場合なのですが、Comments: (optional)は任意ですることとこちらでもありましたが、私は英語ができませんので「世界からこの非道ぶりを見守っている」という英文を書けません。もしよろしければその内容の英文を教えていただくわけにはいきませんでしょうか?もし余裕がありましたらそちらのほうもサイト掲載もしくはコメント欄でご教授いただければと思います・・・。申し訳ありません。
それと、もうひとつ。
私の場合Eメールしたいので、モデルレターを引用させていただきたいのですが、これは、メール本文の欄で「To: Rt Hon Jacqui Smith, MP」から「Country: Date: 」までを丸々コピペして送ればいいのでしょうか?
そして
Name:

Address:

City: Postcode:

Country: Date:
にて自分の個人情報を書けばよいのですよね。そこで更に申し訳ないのですが、質問があります。Country: Date:はJAPANと書けばよいのでしょうが、City: Postcode:とは普通どのように記載すればよいものなのでしょうか?英文の場合の詳細がよくわからないのですが、もし宜しければそちらも教えてほしいのです。

ところで私のパソコンではヤフーメールのようなサービスでしかメールを送れないのですが、それでも問題ないでしょうか?
お忙しいところ、このような質問をして申し訳ありませんが、できればご教授下さい。お願いします。

投稿: nodada | 2007年8月25日 (土) 11時52分

管理人パート1です。

1)
パート1は英語が得意ではありません(涙)。
パート2はイギリスで手が離せない状況でごめんなさい。
yahoo翻訳では
「We watch a way of this heartlessness from the world」
とでます。
「非道」がheartlessnessとありますが、injusticeとかあるようです。

2)
丸々コピペで大丈夫です。
City:(都道府県)
Postcode:(通常の郵便番号)
Country: Japan
Date: (送信する日)
をお書きいただければと思います。

3)
ヤフーメールで問題ないです。

お答えになりましたでしょうか。

投稿: pega-must-stay | 2007年8月25日 (土) 12時09分

「不法滞在」の件

このことはコチラに詳しいです。
http://www.sukotan.com/shayda/shayda_top.html

基本は不法滞在なので強制送還されるのですが、
帰国先で殺されることがみすみすわかっている状況で
無理矢理返すということが問題になっています。

投稿: pega-must-stay | 2007年8月25日 (土) 12時14分

不法滞在で逮捕されるのと、難民申請が却下されるのは別の話。

Pegahさんが申請先にイギリスを選んだのは、イギリスが同性婚を制度化している国であることとけっして無関係ではないはず。

投稿: papyrus | 2007年8月25日 (土) 12時40分

無名の投稿者の方へ
日本、イギリス、アメリカなどは難民を受け入れを考える、と世界に向けて公に明言しています。法案に批准していながら、受け入れる体制をちゃんと作っていないこと、さらには本国で明らかに迫害される(死刑や石打をされる)とわかっている場合に返すのは、ただプルファクター(イギリスの方が稼げるから来た等)があったからではないでしょう。
自分の恋人が同性愛だ(他の理由でも同じ事です。クルド人だというだけで迫害されるトルコ脱出者もいるし)から、殺されてしまう、自分も殺されるかもしれないところに、あなたはいたいと思いますか?

投稿: 海 | 2007年8月25日 (土) 16時01分

追記です。
現代人文社ブックレット32番に、「難民鎖国日本を変えよう!〜日本の難民政策FAQ」 というのがありますので、ぜひお読みになる事をおすすめします。難民問題なんてなければいいのですが、場所や条件によって、自分が「本来属すべき」と見なされる場所や人から遠ざからなければならない、或は遠ざけられねばならないということについて、考えていきたいですね。

投稿: 海 | 2007年8月25日 (土) 16時06分

「署名」のCommentsですが、前に署名した人たちのコメントを、View Signaturesで見ることができます。ページの下のほうにリンクつき番号がありますので、それをクリック。人それぞれに考えはいろいろあるにせよ、単に英文の表現として、参考にできるものがあるかもしれません。

また、英語はまったく苦手だが、一言だけでも何か書きたい、という場合は、下記をお使いください・・・あんまり同じ文面が並ぶのもどうかと思いますが、誰が書いても同じになるような文例です。適宜組み合わせるなど応用して使ってください。

Stop the deportation of Pegah Emambakhsh.
=ペガーさんの強制送還の取りやめを

Deporting someone like Pegah would never be right.
=ペガーさんのような人を強制送還することは正しいことではありません

Please don't send LGBT people back to a country like Iran.
=イランのような国にLGBTの人を送り返さないでください

She might lose her life under Iranian laws.
=イランの法によって彼女は生命を失うかもしれません。

If she is sent back, the result would be a tragedy.
=彼女が送り返されたら、悲劇的な結果になるでしょう

Sending Pegah back will put her life in danger. Please stop!
=ペガーさんを送り返すことで彼女の生命が危険にさらされてしまいます。取りやめてください

Let her stay!
=彼女に在留許可を

Protect human rights!
=人権を守るよう動いていただきたい

Protect Pegah!
Save Pegah!
Help Pegah!
=3つともほぼ同じ意味、「ペガーさんを守ってください」(それぞれ文頭にPleaseをつけたり、あるいは文末にpleaseを置いたりすることもできます)。


投稿: nofrills | 2007年8月26日 (日) 03時00分

パート1です(英語得意でない方w)

nofrillsさま
すごいです。
助かります。
この時間帯日本の方が半分以上を占めています。
この意味はすごく大きい。

投稿: pega-must-stay | 2007年8月26日 (日) 03時15分

初めまして。
この問題をmixiで知り、ネット検索の結果こちらに辿り着きました。
訳文は転送どこまでも歓迎とのことなので、私のmixi日記に貼り付けさせて頂きたいと思います。

なんとしても強制送還を取りやめさせましょう!

投稿: だんご虫 | 2007年8月26日 (日) 10時08分

だんご虫さま
貼付けよろしくですー。
どれも転載歓迎です!
ぎりぎりまで続ける予定です。

投稿: pega-must-stay | 2007年8月26日 (日) 11時50分

不法滞在をした人間は、強制退去させられるのは当然だろ

法をおかす人間は、厳しく対処すべきです

投稿: やすお | 2007年8月26日 (日) 15時33分

>やすおさん

このブログで訴えている内容をちゃんと読んでからコメントしてくださいね。おなじことを何度も説明しなおす側の手間も考えてください。

投稿: papyrus | 2007年8月26日 (日) 19時13分

はじめまして、きっこのブログから来ました。
なんて酷い話でしょう。何としてもこのような迫害を許してはいけませんね。
私もイギリスにメールをしようと思うのですが
PC初心者のため、教えて下さい。

メール送信先のアドレスですが@の手間の二文字は
Iでしょうか。それともJでしょうか。。
すみません。どなたか教えていただけないでしょうか。宜しくお願いします。

投稿: 泉 | 2007年8月27日 (月) 16時21分

泉さん、メアドはそのままコピーペーストすれば分かります。
また、クリックすればメールソフトが起動すると思いますよ。
PC関係や英語が分からない云々で、ここの管理人さんを煩らわせるのはどうかと思いますが…。
smithjj@parliament.uk

投稿: FY | 2007年8月27日 (月) 16時45分

FYさんありがとうございます。大変な時に煩わせてしまうような書き込みでした。申し訳ありませんでした。早速メール致します。

投稿: 泉 | 2007年8月27日 (月) 21時56分

貴方方の勇気と行動力に感服します。私も自分の持ち場でできることをやっていきたいです。今後とも頑張ってくださいね。

投稿: 攝津正 Tadashi SETTSU | 2007年8月28日 (火) 00時27分

If you want to buy real estate, you will have to get the loan. Moreover, my brother commonly utilizes a bank loan, which is really rapid.

投稿: JoyceKRAMER19 | 2012年6月28日 (木) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/453404/7662356

この記事へのトラックバック一覧です: イラン人レズビアン、ペガーのイランへの強制送還に反対します。:

» イラン人レズビアンPegahさんの強制送還に反対 [Papyrus the virus]
[続きを読む]

受信: 2007年8月25日 (土) 00時33分

» イラン人レズビアンがイギリスから強制送還の危機 [バイセクシャル]
イラン人レズビアンの、ペガー・エマンバクシュ(Pegah Emambakhsh)さんが、イランで同性のパートナーを死刑にされ、イギリスに逃げて難民申請を行ったのですが、却下され、8月28日にイランに強制送還されることになりました。 私はこのニュースをmixiのコミュニティで知りま..... [続きを読む]

受信: 2007年8月26日 (日) 03時56分

» ペガーさん強制送還反対の署名運動 [びあん系ニュース]
ペガー・エマンバクシュはイラン人の女性で、イギリスで2005年に難民認定の申請をしました。しかし、彼女の申請は認められませんでした。そして、今月シェフィールドで逮捕され、現在入国管理局の収容所におり、8月28日の午後9時35分発の英国航空BA6633便でイランに強制送還されることになっています。    (略) もし、イランに強制送還となった場合、投獄され、石打ちにより処刑される危険に面しています。イランでは彼女の性的指向(女性として女性と関係を持ったこと)が罪であるのです。 ペガーは彼女のパ... [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月) 17時03分

» [ゲイ]イラン人レズビアン、ペガー・エマームバフシュさん強制送還のタイムリミット迫る。 [に し へ ゆ く 〜Orientation to Occident]
各所で話題になっているが、英国で難民申請を受諾されず、明日イランへ強制送還されようとしているイラン人レズビアン、ペガー・エマームバフシュさんのタイムリミットが近づいている。強制送還の予定は英国時間明日28日21時。 経過・オンライン署名の方法・英国内務省への... [続きを読む]

受信: 2007年8月28日 (火) 02時11分

» [呼びかけ][・・・]「殺される確率が高いとわかっていて、彼女をこのまま強制送還させていいのか。」 [馬骨亭日乗 la dua]
Stop the deportation of Pegah Emambakhsh http://www.petitiononline.com/pegah/petition.html Pegah Emambakhshさんについて、そして署名については、急遽作られたblog: ペガーさん強制送還反対 http://pega-must-stay.cocolog-nifty.com/blog/ より。 (転載歓迎とのこ... [続きを読む]

受信: 2007年8月28日 (火) 04時54分

» オンライン署名に参加しよう。 [ゴヵンャマヵン ]
Urgent help needed to save the life of Pegah Emambakhsh Stephanie Warrick | 24.08.2007 01:18 | Gender | Repression | Sheffield Assistance is needed urgently from journalists to publicise the case of Pegah Emambakhsh, who is due to be deported t... [続きを読む]

受信: 2007年8月28日 (火) 08時20分

» [society/politics][gender/sexuality]イラン人レズビアン、ペガーさんの強制送還に反対します [mimi246の人生七転び八起き]
 「ペガーさん強制送還反対」より(アドレスは引用文の下の方にあります。より詳しい情報もそちらで入手することができます。ぜひご一読を)。 ーー以下記事要約/転送歓迎ーー ペガー・エマンバシュクさん、イラン人女性、40歳。2005年にイランを脱出し、イギリスで... [続きを読む]

受信: 2007年8月28日 (火) 11時13分

» [ゲイ]ペガー・エマンバクシュさん強制送還阻止! [あすの世界と日本]
現在イギリスに住むイラン人女性、ペガー・エマンバクシュさんは、 レズビアンである事をカムアウトしている方です。 パートナーが逮捕、拷問、死刑に処せられてから本国を脱出し、 2005年にイギリスで難民申請を行いましたが却下され、 あさって火曜日にイランに強制送還さ... [続きを読む]

受信: 2007年8月28日 (火) 12時52分

» イラン人レズビアンのペガーさんが強制送還の危機【署名求む】 [クイラブログ]
イラン人レズビアンのペガーさんが強制送還の危機 [続きを読む]

受信: 2007年8月28日 (火) 23時14分

トップページ | このニュースを知らせるツール »